エコカー減税の期間はいつまで?チェック

オンライン愛車買取査定見積もり!中古車買取実績NO1ガリバー




スポンサードリンク


エコカー減税の期間はいつまで?再度チェック

エコカー減税の期間はいつまで続くのか?
現在のエコカー減税・補助金などの環境対策と景気対策の一環として、燃費が良く排ガスがクリーンなエコカーへの買い換えを促すために、09年4月から政府が実施しているのがエコカー減税とエコカー補助金制度です。

 

 

そしてエコカー減税制度の適用と補助金の利用には適用の期間が定められているために、例えば人気のハイブリッド車トヨタ「プリウス」の場合には、今から注文しても納車(新車登録)に時間がかかってしまい補助金を受けられないことが話題になっている。

 

以前に比べると納車時期はプリウスの生産体制を増産しているために納車の期間も早くなっています。

 

そこで、どんなクルマが対象になり、いつまで適用されるのかをまとめてみた。

 

エコカー減税は、正式名称を「環境性能に優れた自動車に対する自動車重量税・自動車取得税の特例措置」という名称を略したものです。

 

対象になるのは、新車購入時と車検時に支払う「自動車重量税」と、50万円以上のクルマの購入時(中古車含む)に支払う「自動車取得税」の2つです。

 

さらに「自動車税のグリーン化税制」として、クルマの所有者に毎年度課税される「自動車税」も減税の対象になる。

 

まず減税対象になるクルマは、排ガスのクリーン度を示す「平成17年排出ガス基準75%低減レベル(★★★★)」(以下、排ガス規制75%低減)をクリアしていることが条件である。

 

適合するクルマは、青い楕円に黄色い4つ星のステッカーがリアウインドウなどに張られている。

 

燃費についての条件は、
「平成22年度燃費基準+25%達成車」
「同+20%」
「同+15%」
(以下、燃費基準)のいずれかに適合していることです。

 

こちらは緑色の地に赤で数値を表記したステッカーが目安で、燃費基準に対する達成度の高さによって減税額が変わる。

 

エコカー減税&補助金を再チェック、適用の条件と期間は?

自動車重量税・自動車取得税は2012年春まで減税対象

 

栄子か減税制度を利用して新車を購入する場合には、自動車重量税と自動車取得税は初期費用に含まれる。

 

対象車の減税額は3段階で、プリウスやホンダ「インサイト」などのハイブリッド車、日産「エクストレイル」のクリーンディーゼル搭載車、そして天然ガス自動車などの次世代自動車は、この2つの税金が共に100%減税される。

 

通常のガソリン車で燃費基準+25%を満たしている場合は75%減税、同+20%または+15%の場合は、どちらも50%減税になる。

 

では、具体的にどのくらい安くなるのだろうか。

 

まず自動車重量税は、普通乗用車の場合で車両重量0.5トンごとに年6300円。
自動車取得税は都道府県によって金額が異なるが、東京地区の場合は普通乗用車で購入金額の約5%、軽自動車で約3%だ。

 

 

 

プリウスの購入として新車を買う場合の金額を例として計算してみよう。

 

重量1.3トン程度で総額約250万円のプリウスを新車で購入した場合を想定すると、自動車重量税3年分の5万6700円と、自動車取得税の約11万2500円、合わせて約16万9000円が減税される。

 

燃費基準+25%をクリアしている日産「キューブ 15S 2WD エクストロニックCVT」の場合、自動車重量税4万2600円と自動車取得税4万6600円、合わせて8万9200円の減税だ。

 

自動車重量税の減税適用期間は、09年4月1日から12年4月30日まです。
この期間以前に新車を購入した場合でも、減税条件に適合したクルマなら、2回目の車検で支払う2年分の税金が減税対象になる。

 

また自動車取得税の減税適用期間は09年4月1日から12年3月31日までで、この期間に新車登録を済ませれば対象になる。

 

年度ごとに支払う自動車税は、10年3月31日までに新車新規登録で減税対象である

エコカー減税の期間で知りたいことの一つとして自動車税の金額だと思います。

 

普通乗用車に毎年度ごとに課税される自動車税は、10年3月31日までに新車を新規登録した場合に限り、翌年度分の税金が減税の対象になります。

 

東京地区の場合として、ハイブリッド車などの次世代車と燃費基準+25%が約50%、燃費基準+20%または+15%の場合が約25%の減税額だ。

 

年間の税額は1〜1.5Lクラスで3万4500円、1.5〜2Lクラスで3万9500円だから、先ほど例に出した1.5Lのキューブは1万7250円、1.8Lのプリウスは1万9750円の減税になる(東京地区の場合)。

 

また軽自動車は自動車税の代わりに軽自動車税が課税されるが(5ナンバーの自家用軽乗用車で年間7200円)、こちらは減税の対象にならない。

 

エコカー補助金は普通乗用車の新車購入で10万円、来年3月31日が期限

エコカー減税&補助金を再チェック、適用の条件と期間は?

 

エコカー補助金は、車両購入時にエコカーの補助金の条件を満たす新車を購入すると国から交付される補助金で、正式名称を「環境対応車への買い換え・購入に対する補助制度」といいます。

 

そして補助金の制度利用の期限は10年3月31日までに新車を登録した場合が対象だ。

 

今からプリウスを注文しても納車が10年4月以降になるため、補助金をもらえないと話題になっているのは、このためだ。また期限前でも、補助金予算が無くなり次第終了と告知されている。

 

補助金額は新車購入の場合、普通乗用車が10万円、軽自動車が5万円。新車登録から13年以上経つクルマを廃車して買い換える場合は、普通乗用車25万円、軽自動車12万5000円に増額される。
補助金の申請は新車を購入した販売店を経由して行い、国土交通省の審査をパスすれば指定口座に振り込まれる。

 


スポンサードリンク



エコカー減税の期間はいつまで?エントリー一覧


FX情報サイトの入り口