中古車の減税の内容

オンライン愛車買取査定見積もり!中古車買取実績NO1ガリバー




スポンサードリンク


ハイブリッドの中古車なら自動車重量税がタダ!

2009年4月1日から始まったエコカー減税についてお話ししたいと思います。

 

 

最近プリウスなどの新車が注文が多すぎて納車が間に合わず、減税の恩恵が受けれないなどの意見の人がいますが「趣向を変え」とは言ってもこの減税、中古車も対象になっていますから、対象となる中古車が「おいしい」ことは間違いありません。

 

意外と今回の減税や助成金、一部の例の紹介だけで詳しい話が出ていませんが、車検の諸費用なども対象者は減税されます。

 

 

今回のエコカー減税、対象となる主な税金は「自動車重量税」と「自動車取得税」です。

 

 

また対象となる車は1.電気自動車、2.天然ガス自動車、3.プラグインハイブリッド、4.クリーンディーゼル自動車、5.ハイブリッド、6.低燃費かつ低排出ガス認定自動車の6つ。

 

中古車も対象ですが、初年度登録が平成15年度10月以降の車に限られます。

 

2.天然ガス自動車、5.ハイブリッド、6.低燃費かつ低排出ガス認定自動車は平成17年度基準の低排出ガス車認定制度で75%低減レベルを受けている車のみとなります。

 

 

星が4つ以上あることが条件です。

 

例えば前回ご紹介した初代エスティマハイブリッドは残念ながら対象とはなりません。

 

4.クリーンディーゼル自動車とは、平成21年度自動車排出ガス規制に適合している車です。

 

今のところ昨年9月に登場した日産エクストレイル20GTのみなので、中古車で狙う車ではありませんね。

 

 

昨年生産が中止されたトヨタアルファードハイブリッドですが、こちらも減税対象車。

 

 

大型ミニバンのハイブリッドという価値はまだまだ高いはず。

 

100万円台から探せます
6.低燃費かつ低排出ガス認定自動車とは星4つ以上で、さらに平成22年度燃費基準が+25%以上達成、+20%以上達成、+15%以上達成という3段階に区分されています。

 

具体的にどんな車が対象となるのか詳しく知りたい人は、国土交通省の「自動車重量税等の減免について」や販売店などで確認してみてください。

 

 

では、どのくらい減税になるのか。まずは「自動車重量税」から見ていきましょう。

 

自動車重量税とは車両重量に応じて課税される国税です。ちなみに減税の適用期間は4月1日から平成24年(2012年)4月30日までと、3年1カ月間となっています。

 

1〜5の対象車は、この期間内で最初の車検を受けた際に必要となる自動車重量税がなんと免税、つまりタダです。例えばトヨタアルファードハイブリッドは2tを超えていますから、新車なら9万4500円、中古車でも6万3000円がタダとなります。

 

同社のプリウスでも新車は5万6700円、中古車なら3万7800円がタダです。

 

6.低燃費かつ低排出ガス認定自動車の場合は星4つ以上で、かつ燃費基準が+25%以上達成なら75%オフ、+20%以上と+15%以上は50%オフとなります。

 

例えば星4つで燃費基準が+25%以上のホンダフィット(FFのLとG)なら、自動車重量税が新車で1万4175円、中古車で1万8900円となります。

 

中古車の場合は、適用期間内で最初の車検時に減税が行われます。車検が切れている中古車なら購入時に減税となります。

 

また車検残があれば、期間内で最初に車検を受ける時です。そう考えると、いくら期間が3年1カ月あると言っても中古車の場合あまり時間がありません。

 

今年中に購入した場合、くらいに考えておいたほうがいいでしょう。

ハイブリットの中古車なら自動車重量税がタダです

現在のエコカー減税制度は2010年の春以降も何らかの補助制度が新設されるか、現在のエコカー減税が延長されるといいですよね!!

 

まあ、新車を購入している人だけで、自分は中古車だけなので関係ないと思っている人は大間違いですよ

 

エコカー減税は中古車も対象になっています。

 

対象の中古車は「お得」ということは間違いありません。

 

今回のエコカー減税、対象となる主な税金は「自動車重量税」と「自動車取得税」です。

 

 

また対象となる車種
1.電気自動車
2.天然ガス自動車
3.プラグインハイブリッド
4.クリーンディーゼル自動車
5.ハイブリッド
6.低燃費かつ低排出ガス認定自動車

 

中古車も対象ですが、初年度登録が平成15年度10月以降の車に限られます。

 

2.天然ガス自動車、5.ハイブリッド、6.低燃費かつ低排出ガス認定自動車は平成17年度基準の低排出ガス車認定制度で75%低減レベルを受けている車のみとなります。

 

つまり星が4つ以上あることが条件です。

 

例えば初代エスティマハイブリッドは残念ながら対象とはなりません。

 

4.クリーンディーゼル自動車とは、平成21年度自動車排出ガス規制に適合している車です。
しかし今のところ昨年9月に登場した日産エクストレイル20GTのみなので、中古車で狙う車ではありませんね。

 

6.低燃費かつ低排出ガス認定自動車とは星4つ以上で、さらに平成22年度燃費基準が+25%以上達成、+20%以上達成、+15%以上達成という3段階に区分されています。

 

その区分で減税額が異なります。

 

具体的にどんな車が対象となるのか詳しく知りたい人は、国土交通省の「自動車重量税等の減免について」や販売店などで確認してみてください。

 

 

 

減税対象の中古車はどのくらい減税になるのか?

中古車のエコカー減税でどのくらい減税になるのか。

 

まずは「自動車重量税」から見ていきましょう。

 

自動車重量税とは車両重量に応じて課税される国税です。

 

ちなみに減税の適用期間は4月1日から平成24年(2012年)4月30日までと、3年1カ月間となっています。

 

 

1.電気自動車
2.天然ガス自動車
3.プラグインハイブリッド
4.クリーンディーゼル自動車
5.ハイブリッド
6.低燃費かつ低排出ガス認定自動車

 

中古車も対象ですが、初年度登録が平成15年度10月以降の車

 

1〜5の対象車は、この期間内で最初の車検を受けた際に必要となる自動車重量税がなんと免税、つまりタダです。

 

例えばトヨタアルファードハイブリッドは2tを超えていますから、新車なら9万4500円、中古車でも6万3000円がタダとなります。

 

同社のプリウスでも新車は5万6700円、中古車なら3万7800円がタダです。

 

新車も中古車も価格が高いランクの車両は重量税も高い場合はかなりのお得感がありますね。

 

6.低燃費かつ低排出ガス認定自動車の場合は星4つ以上で、かつ燃費基準が+25%以上達成なら75%オフ、+20%以上と+15%以上は50%オフとなります。

 

 

例えば星4つで燃費基準が+25%以上のホンダフィット(FFのLとG)なら、自動車重量税が新車で1万4175円、中古車で1万8900円となります。

 

中古車の場合は、適用期間内で最初の車検時に減税が行われます。

 

車検が切れている中古車なら購入時に減税となります。

 

また車検残があれば、期間内で最初に車検を受ける時です。

 

そう考えると、いくら期間が3年1カ月あると言っても中古車の場合あまり時間がありません。

 

新車と違い、中古車の場合は年式や以前のユーザーの状況に応じて車剣残がある車両や末梢されている場合などと違っていたりします。

 

各販売店で今回のエコカー減税についての価格の見積もりを出してもらったほうがいいでしょう。

 

 

 

年式が新しいほど減税効果が高い取得税について

自動車取得税とは、車の取得に対して課せられる都道府県税です。

 

これが減税になるのですが新車と中古車で適応期間が異なります。

 

新車の場合は平成24年(2012年)3月31日までの3年間。

 

いっぽう中古車に関してですが4.クリーンディーゼル自動車、5.ハイブリッド、6.低燃費かつ低排出ガス認定自動車は、平成22年(2010年)3月31日までです。

 

1.電気自動車、2.天然ガス自動車、3.プラグインハイブリッドは新車と同じ適用期間ですが、これらの対象で中古車はほとんどありませんね。

 

そして、自動車取得税の減税を受けられるのは1年間だけだと思っていいでしょう。

 

減税額ですが、新車の場合1〜5の対象車は免税に、また6.低燃費かつ低排出ガス認定自動車は+25%以上が75%軽減、+20%以上と+15%以上が50%軽減です。

 

例えばホンダインサイトなら新車の場合免税ですから、なんと!!約6万円がタダになりますよ。

 

 

詳しい減税の車種別の金額等の確認の詳しくは国土交通省の「自動車重量税等の減免について」を参照してください。

 

 

実際に中古車の場合の減税効果は?

実際に中古車を購入する場合、どのくらい減税されるのか?

 

まずは自動車の取得税の計算方法について理解する必要があります。

 

新車の場合は車両本体価格とオプション装備を足した額の、90%をまず「取得価格」とします。

 

この取得価格に対し5%をかけたものが、自動車取得税です

 

そして中古車の取得税の算出の方法の場合は、新車時を基準に減価償却率によって取得価格が決まります。

 

今回の中古車に対する自動車取得税の減税は、この取得価格にかけられる5%という数字が減らされるというものです。

 

 

1.電気自動車と2.天然ガス自動車なら2.3%に、3.プラグインハイブリッドが2.6%に、4.クリーンディーゼル自動車が4%、5.ハイブリッドが3.4%となります。

 

 

しかし6.低燃費かつ低排出ガス認定自動車の場合は上記と計算法が異なります。

 

5%は変わらず、取得価格が減らされます。

 

+25%以上は30万円控除、+20%以上と+15%以上が15万円控除となります。

 

 

一つの参考車種としてトヨタのアルファードのハイブリットの車両本体価格が300万だとします。
この場合、取得価格は約53万円、これに55の取得税率をかけた額が自動車取得税(2万6500円)になります

 

それが今回のエコカー減税では3.4%になります。

 

そうなると金額は1万8000円になりますので差額の8500円程度が減税される金額ということになります。

 

他にも車両本体価格が100万円の2008年式ホンダフィットGなら、取得価格は約56万円。

 

ここから30万円を引くと免税点の50万円を下回りますので、自動車取得税はかかりません(減税前は2万8000円)。

 

 

 

自動車取得税は、取得価格が50万円以下となる場合は免税となります。新しくて価格の高い車ほど、今回の減税効果は大きいといえると思います。

 

ただし、上記の取得税に用いた取得金額はあくまで取得税の算出のために用いる新車時の基準に減価償却率をもちいた計算で出てくる金額です。

 

お分かりの通り、中古車の価格は走行距離数、程度、色、グレード、装備等により、高くなったり、安くなったりします。

 

特に最近はエコカー減税により、ハイブリットや低燃費車は人気が高く相場は上昇中です。

 

燃費と取得価格と車両の所有年数の維持費等を計算して購入車種を考えましょう


スポンサードリンク



中古車の減税効果関連エントリー

中古車の減税効果
エコカー(低燃費車)を新車で購入予定の方でエコカーに関する詳細な内容と説明を検索されている人にエコカーの減税と補助金内容の情報

FX情報サイトの入り口