三菱i-MiEV アイミーブとは?

オンライン愛車買取査定見積もり!中古車買取実績NO1ガリバー




スポンサードリンク


三菱の電気自動車アイミーブ

従来の1グレードの展開から価格の安いタイプのある2グレードでよりEV自動車のハードルが低くなったように思います。

 

三菱i-MiEV

 

 

内外装に大きな変更はないが、基本性能の強化、装備面の充実を図っている。ブレーキペダル連動の回生ブレーキを全車に採用し、一充電走行距離を従来比で約2割アップしたほか、横滑り防止装置のASC(アクティブスタビリティコントロール)も全車に標準装備。さらに従来より大型の欧州仕様のドアミラーを全車に採用し、後方視界を向上するなどした。

 

また、Mには従来型とは電池容量や特性が異なる、容量10.5kWhの東芝製リチウムイオン電池「SCiB」が採用される。「G」には従来通り容量16.0kWhのLEJ製リチウムイオン電池が搭載される。

 

■M : 低価格のエントリーグレードが登場!
三菱i-MiEV正面画像

 

一般的な軽ユーザーなど幅広い層を取り込むため、車両価格をプライスダウン。
車両価格は260万円に、経済産業省の「クリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助事業」が適用されれば、72万円が免除され、購入者の実質的な負担額は188万円となる。

 

ただし、総電力量を従来より5.5kWhダウンさせた10.5kWhの小型駆動用バッテリーを搭載するため、一充電走行距離は、JC08モードで120kmと、従来より40km短くなる。最大出力は30kW(41ps)/2000〜6000rpm、最大トルクは180Nm(18.4kg-m)/0〜1000rpm。

 

実際の都心部での買い物などでの使用距離などを考えるとデーター通りの走行距離であれば、実際の使用に関してのスペックとしては価格が安い「M」のグレードで十分ではないかと思います。

 

三菱i-MiEVリア画像

 

三菱i-MiEV M室内画像

 

三菱i-MiEV室内画像ナビ部分

 

三菱i-MiEV室内画像シフト周り

 

三菱i-MiEV室内画像シート周り

 

三菱i-MiEV充電プラグ口画像

 

 

■G : 従来モデルを引き継ぐ上級グレード
 LEDヘッドライト/リアコンビランプや15インチアルミホイール、本革巻ステアリングホイール、シフトノブなどに加え、新たにカーナビやシートヒーター(運転席・助手席)が標準装備となった。

 

 16.0kWhの駆動用バッテリーは従来と同じものだが、一充電走行距離は2割アップの180km。最大出力、トルクには変更ない。

 

 「M」同様、補助金制度が適用された場合は96万円免除され、実質的な負担額は284万円となる。

 

 さらにディーラーオプションとして、充電の開始・終了タイミングをタイマーセットできる「タイマー充電」や、出発前に普通充電ケーブルからの電源供給で空調やデフロスターを作動させる「プレ空調」機能を持つ「MiEV リモートシステム」(6万3000円)を設定。すべて専用リモコンで遠隔操作が可能。またプレミアム感を演出する「プレミアムインテリアパッケージ」(4万2000円)もG専用に用意される。※「MiEV リモートシステム」「プレミアムインテリアパッケージ」共に、10月以降の生産車に装着可能

 

 

三菱i-MiEV グレードG画像
■i-MiEVは移動する電力源
 車内のアクセサリーソケットにプラグを差し込むだけで、i-MiEVに充電した電力を100Wまで供給できる「ACパワーサプライEZ」をディーラーオプションとして設定。価格は1万5540円。今年度内には、炊飯器やドライヤーなど消費電力の大きい家電製品にも使用できるよう、計1500Wまでの電源供給装置の商品化を目指しているという。

 

三菱i-MiEVAC電源画像

 

三菱i-MiEVAC電源パワーサプライEZ画像

 

 

 

 


スポンサードリンク



三菱i-MiEV アイミーブエントリー一覧

三菱i-MiEV試乗レポート
私も三菱のI-MiEVはとても興味があります。以前にプリウスのスタート時のエンジンがかかっていない状態でスタートOKという感覚もエンジンレスのモーター駆動の状態を今までの「自動車」という乗り物から新時代を感じさせるものでした。知識がないと既存のエンジンの自動車と比較して色々な「??」がわいてきます。例えばヒーターの状態や性能です。エンジンのある車はエンジンの冷却水を利用して暖房を使っていますが、電気自動車の場合にはいわゆる電気ストーブの状態だと思いますが、真冬に効くのかどうか?そして真夏の暑いと...
三菱アイミーブi-MiEVよくあるお問い合わせ
充電にはどのような設備が必要になりますか?[1] EV充電用AC200Vコンセントの設置をして下さい。またコンセントは地上から1m前後の高さに設置してください。●推奨 EV・PHEV充電用AC200Vコンセント・パナソニック電工製 WK4322S(Q)・・・防雨型・パナソニック電工製 WK3911・・・露出型※ AC100Vでも充電可能です。(パナソニック電工製 WK4311S(Q)・・・防雨型)AC100V充電ケーブルはメーカーオプションでご用意しております。メーカーオプションでAC100V充...

FX情報サイトの入り口