プリウスプラグインハイブリットPHV

オンライン愛車買取査定見積もり!中古車買取実績NO1ガリバー




スポンサードリンク


トヨタ プリウス PHV

2012年1月30日

 

プリウスプラグインハイブリットがいよいよ発売

 

注目の価格は320万円〜で、十分に手が届く設定とされた。購入は全トヨタディーラーで可能。月販目標台数は3000台。

 

 

PHV燃費はリッター61.0km!
プリウスPHV最大の魅力は、何と言っても他を圧倒する燃費性能。EV走行を含むPHV燃費はリッター61.0km、ハイブリッド燃費(JC08モード)はリッター31.6kmをマークする。

 

システムはプリウスと同じ1.8リッター直4エンジン+リダクション機構付きTHSUに、新開発の高容量リチウムイオンバッテリーを組み合わせ、最大100kmのEV走行を実現。ニッケル水素バッテリーと比較すると、回生量は約20%アップ、EV走行時の駆動力も大幅に増しているという。

 

走行モードはパワーモード・ECOモードにプラスして、HV⇔EVの切り替えがスイッチひとつで可能になった。

 

プリウスプラグインハイブリット正面

 

プリウスPHV最大の魅力は、何と言っても他を圧倒する燃費性能。EV走行を含むPHV燃費はリッター61.0km、ハイブリッド燃費(JC08モード)はリッター31.6kmをマークする。

 

プリウスプラグインハイブリット正面アップ
システムはプリウスと同じ1.8リッター直4エンジン+リダクション機構付きTHSUに、新開発の高容量リチウムイオンバッテリーを組み合わせ、最大100kmのEV走行を実現。ニッケル水素バッテリーと比較すると、回生量は約20%アップ、EV走行時の駆動力も大幅に増しているという。

 

 

プリウスプラグインハイブリットリア
走行モードはパワーモード・ECOモードにプラスして、HV⇔EVの切り替えがスイッチひとつで可能になった。

 

 

プリウスプラグインハイブリット充電プラグ口
リチウムイオンバッテリーへのフル充電時間は、AC200V電源で約90分、AC100V電源で約180分。あらかじめ充電開始/終了時間を設定できるタイマー充電はもちろん、スマートフォンを活用した次世代サービス「eConnect」やクルマからの情報をつぶやき形式で受け取れる「トヨタフレンド」にも対応している。

 

プリウスプラグインハイブリットテールランプ
またプッシュオープン式の充電リッドや、充電リッドに連動して光るLED照明の採用など、使い勝手にも細やかな配慮がみられる。

 

プリウスプラグインハイブリットエンジンルーム
さらに省スペースのリチウムイオンバッテリーの採用によって、従来は40mm高くなっていたラゲッジルームがフラットになり、床下収納も4.7Lから40.5Lへと大きく拡大。ラゲッジに投げだしておくしかなかった充電ケーブルがスマートに仕舞えるようになった。標準のAC200V用充電ケーブル自体の重量も2.3kgから1.7kgに軽量化されている(AC100V用充電ケーブルはオプション設定)。

 

プリウスプラグインハイブリット室内

 

専用エンブレムをはじめ、内外装はプリウスPHVが持つ先進性を主張するデザインが与えられた。フロントフェイスには上質かつ精悍なシルバーやメッキを奢り、ヘッドランプ内にはブルースモーク塗装を追加。リヤコンビネーションランプは、赤いインナーにクリアレンズを組み合わせている。

 

プリウスプラグインハイブリット室内2

 

プリウスプラグインハイブリットモニター

 

内装は専用加飾によって質感高くまとめられ、エコドライブモニターには16パターンのドライブ情報画面が用意されている。またHigh/Low調節可能なヒートシーターも、本革シート仕様だけでなくファブリック仕様にも標準採用された。

 

グレードおよび価格は、「G “レザーパッケージ”」が420万円、「G」が340万円、「S」が320万円。

 

【 プリウス PHV G 】
全長×全幅×全高=4480mm×1745mm×1490mm
ホイールベース=2700mm
駆動方式=FF
エンジン=1.8リッター直4DOHC
アトキンソンサイクル
最高出力=73kW(99ps)/5200rpm
最大トルク=142Nm(14.5kg-m)/4000rpm
モーター出力=60kW(82ps)
モータートルク=207Nm(21.1kg-m)
トランスミッション=CVT
JC08モード燃費=31.6km/L
PHV燃費=61.0km/L
車両本体価格=340万円
発表日=2011年11月29日
発売日=2012年1月30日

 

新型プリウスプラグインハイブリットの内容

 

期待されていたプリウスのプラグインハイブリットがいよいよ発売されますが、現在所有している車をお持ちの方は下取り価格が心配かもしれません。

 

代替え時期は新車が発売されてすぐに欲しい方が多いですが、現在の車の下取り価格が高くなる時期と10月前後など買い替え時期を見極めて新車の購入を考えましょう

 

プラグインは自宅で200Vの電源の場合は充電時間は!!

 

90分とありますので1時間30分で満タン

 

 

自宅で100Vで充電をした場合は180分

 

約3時間です。

 

 

現在、自宅のマイカーで毎日買い物や用足しに使用している人は街中の走行で20kg前後の走行距離数であれば、前日の夜に充電をしておけば日中の用足しはすぐに出かけることができ、夕方の夕食などの買い物は午前中の使用後に充電をしておくと夕方の出かけるときには充電が満充電になりますね

 

 

つまり、それほど郊外に出かける用事がない人の場合、プラグインハイブリットとはいえ、電気モーターのみの使用でエンジンは使用しないという使い方も不可能ではないということですね

 

 

100%電磁気自動車のニッサンリーフや三菱のアイミーブなどの100%エンジンレスの電気自動車の場合、価格はまだまだ高めですが、180kmとか200kmとかという長い航続距離の車体と比較するとプリウスの約26kmの航続距離はとても実用性の無い性能と考える人もいるかもしれませんが、電気が無くなればエンジンで走ることができるという実用性と精神的な安心感があると思います。

 

おそらく、数年後は電気自動車の充電施設のインフラはかなり充実すると思いますが、現在は自分の自宅以外の場所で万が一充電をしたい時にガソリンスタンドに入りガソリンをつめるような気軽さがまだありませんので、どれだけ走れるか?という楽しみも電気自動車にはあると思いますが、逆に郊外に長距離に出かけた場合、万が一を考えると不安とストレスを感じるかもしれません。

 

 

メーカーのプリウスプラグインハイブリットの説明で感心したのはスマートフォン向けアプリケーションで車から離れていてもスマートフォンで充電状況の確認や電池残量の確認、リモート充電開始ができたり現在地を起点に充電できる施設を表示したり確認ができるそうです。

 

 

これは使いこなすととても便利だと思います。

 

そしてリモートエアコン冷房のON/OFFをリモート操作できるのです!

 

これは既存のエンジンスターターではないですか!!

 

エンジンスターターと同様の機能をスマートフォンの操作で行うことができます。

 

プリウス プラグイン ハイブリッド試乗動画

プリウスPHV プラグインハイブリットの試乗動画

 

 

バックミュージックだけでリポーターなどの開設が一切なく、視覚のみで動画見てプリウスPHVの機能や操作や走行などを動画で見ることができます

 

 

 

プラグインハイブリッドを実際に充電
プリウス プラグインハイブリッドの充電方法や、家庭用充電設備の使い方について紹介します。

 

 

開設は熊倉さんです。
熊倉さんと言えば昔々、深夜にF1を見ていたら、熊倉さんとドリキンの土屋氏と解説で言い争いをしていたのを思い出しました。

 

記憶では理論派の熊倉氏の解説に対し、土屋氏はシューマッハ大好き、フェラーリ大好き状態の解説で熊倉さんがいらついてむきになっていたように思いました。

 

こういうプリウスプラグインハイブリットのような革新的なシステムや操作の解説はまさに熊倉氏のような方の説明はうってつけに思います

 

お勧めの動画です。


スポンサードリンク



プリウスプラグインハイブリットエントリー一覧


FX情報サイトの入り口