HV車 アクア

オンライン愛車買取査定見積もり!中古車買取実績NO1ガリバー




スポンサードリンク


世界最高燃費のトヨタ「アクア」

 

 

トヨタ アクア
トヨタ自動車が2011年12月26日、新型のハイブリッド車(HV)を発売した

 

トヨタ新型HV車 アクア
アクアの売りは、世界トップとうたう燃費の良さだ。新基準のJC08モード燃費で35.4km/L、旧基準の10・15モード燃費では40km/Lを達成している。現行のプリウスは30.4〜32.6km/L(JC08モード)、競合車となるホンダの「フィット ハイブリッド」は26km/L(同)なので、かなり優れた数字だ。

 

新型ハイブリット車 アクア
プリウスよりアクアの燃費が上回るのは、車両重量が軽いため。車重はプリウス(G ツーリングセレクション)が1380kgなのに対してアクアは1080kgと、実に300kgも軽い。パワーコントロールユニットやモーター、バッテリーなどを含むHVシステム全体で42kgも軽量化が図られているという。また、フィットHVに対しても、車重は50kgも軽い。加えて、フィットHVがあくまでエンジンを主体としたマイルド・ハイブリッド車であるのに対し、アクアはプリウスと同じくストロング・ハイブリッド車と呼ばれる部類だ。

 

アクアに採用されたHVシステムは、プリウスやSAIと同様の「リダクション機構付きTHS II」。1.5Lのアトキンソンサイクルエンジンと高出力のモーターを組み合わせて、モーター走行ができる頻度を上げている。例えば、発進・加速時にエンジンを使わずに走り出せることが多いため、渋滞の多い市街地などではアクアの燃費の良さがより際立つはずだ。アクアの1.5Lエンジンは約70%の部品が新設計されており、クールドEGRと電動ウォーターポンプを新たに採用することで、燃費改善に役立てている。また、触媒一体型エキゾーストマニホールドは、排気ポートに触媒を近づけたことで暖機時間をプリウスより67%も短縮したという。

 

 

世界トップの低燃費35.4km/L toyota AQUA

新型HV車アクアの発表動画

トヨタハイブリット車アクアインテリアパッケージ

パッケージングに目を転じると、こちらはフィットHVとは互角という印象。アクアは全長3995mm、全幅1695mm、全高1445mm、フィットHVは全長3900mm、全幅1695mm、全高1525mmだ。室内長はアクアが90mm広く、逆に室内高はフィットHVのほうが115mm広い。しかし、いずれも足元の広さ、後席の頭上空間の広さに不満を憶えるレベルではないだろう。ただし、荷室の広さには多少違いがあり、アクアの305Lに対してフィットHVは344Lと、より多くの荷物を積める。

 

気になるアクアの価格は、装備を簡略化したLグレードが169万円、最量販グレードのSは179万円、装備が充実したGグレードは185万円という設定だ。対してフィット ハイブリッドはノーマルタイプが159万円、装備が充実したスマートセレクションが172万円、ナビ付のプレミアムセレクションが210万円という形。全体にアクアのほうが高めの設定だが、その差は10万円程度。搭載バッテリーの大きさやモーターの性能の違いを考えると、アクアの価格はかなり安く抑えられていると言える。

 

トヨタ新型ハイブリットアクア試乗

 

トヨタカローラ山口のディラーでの試乗動画

 

新型アクアは東北の工場で生産される新型ハイブリット車で復興に向けてのシンボルとされる車

 

【 AQUA L 】
全長×全幅×全高=3995mm×1695mm×1445mm
ホイールベース=2550mm
車両重量=1050kg
駆動方式=FF
エンジン=1.5リッター直4DOHC
アトキンソンサイクル
最高出力=54kW(74ps)/4800rpm
最大トルク=111Nm(11.3kg-m)/3600-4400rpm
モーター出力=45kW(61ps)/3500rpm
モータートルク=169Nm(17.2kg-m)/0-2250rpm
トランスミッション=CVT
10・15モード燃費=40.0km/L
JC08モード燃費=35.4km/L
車両本体価格=169万円
発表・発売日=2011年12月26日

 

トヨタ アクア試乗レポート 河口まなぶのブンブンLOVECARS!

河口まなぶのアクア試乗レポート動画

 

トヨタアクアの試乗レポートの動画です。

 

今からアクアを購入しようと考えている人や、プリウスやホンダフィットハイブリットなどと比較検討している人など!!

 

まずは、ディラーに行き試乗するよりも、以前に情報を手に入れて、動画などで自動車評論家などがアクアに試乗してどう評価しているか?

 

 

まずは現在の愛車の買い取り価格や下取り価格などに時間を割くよりもアクアの動画をよく見て性能や装備などをよく見て見ましょう

 

トヨタ アクアを試乗したど!! 河口まなぶと高橋としみのアクアでLOVECARS!

トヨタ アクアを試乗したど!! 河口まなぶと高橋としみのアクアでLOVECARS!

 

トヨタアクアの試乗レポートを自動車評論家とモデルの高橋としみが試乗レポートしている動画です。

 

 

トヨタアクアの中古車はまだ市場には無いと思いますが、発売から2か月ほど経過すると未使用車などが出回ると思いますが、まずはアクアの性能やハイブリットの仕組みなどをアクアの動画をみて予習しておくといいと思います。

 

 

今回のトヨタのアクアはイタリアのフィアット500のようにボディカラーがカラフルで若い世代の購入者が色々なボディカラーを選択してくれそうですね。

 

いっそのこと性能や価格や燃費などをアピールするほかに内装のインテリアデザインもFiat500のようにお洒落なデザインでもよかったと思いますね。

 

トヨタ新型 アクアAQUAハイブリッド試乗レビュー動画

トヨタ新型 アクアAQUAハイブリッド試乗レビュー動画

 

 

こちらのアクアの試乗動画は一般の方の撮影の動画?でしょうか

 

長くはないですが、乗る前にボンネットを開けてエンジンの映像と室内やスタートしてからの走行シーンなど意外と走行音やインパネ、室内など参考になるかもしれません。

 

価格がプリウスよりも安いにもかかわらず、動画を見る限りでは走行時の外からのロードノイズや風切音など意外と静かですね。

 

アクア値引き情報

アクア値引き情報

 

0〜10万円   現在の本体からの値引きは、基本的に値引きはゼロですが、販売店によっては、本体値引き3万〜5万の事例も数多くでている。

 

値引きゼロor値引きありの方針は販売店単位で決めている様子で、セールスマン対して粘っても値引きなしの販売店も多い。

 

地域やディラーの方針により値引き額が違うようである

 

 

またナビ等オプションを付ける場合、後から社外ナビを付けるよりもディラー純正オプションを選択して装着することで、値引きの増額とにメンテパックとローン(スプリット)に入ると15万円前後の値引きがあるという事例もあり、これは一部地域の特別割引の事例である。(関西某県の先行予約特典)

 

現在、販売店は、顧客に早くメーカーオプションを決めてもらい発注を急ぎたい状況であり、ゆっくりとした交渉は納期を遅らす結果となる。

 

納期が遅れると、エコカー補助金10万円が終了してしまう可能性がある

 

やはり本体価格の値引きはあくまで基本値引きがゼロ円であることを考えると目標は5万円で総額値引き8万円〜10万円が目標ということである

 

本体値引きゼロの場合は下取り価格5万円上乗せです。

 

ただし、下取り価格の増額目標の場合、一概にディラーの下取り価格のアップに執着するよりも最初から下取りなしで見積もりを複数のディラーで大してもらい、インターネットで複数の自動車買取査定の見積もり依頼で下取り車の査定価格のアップを狙った方が得策かもしれない

 

 

アクア主要緒元参考  トヨタアクアとホンダフィットハイブリット比較

アクア主要緒元
参考  トヨタアクアとホンダフィットハイブリット比較

 

 

 





【アクア主要緒元】 
参考  トヨタアクアとホンダフィットハイブリット比較

 
トヨタアクア
ホンダフィットハイブリット
 全長×全幅×全高  3995×1695×1445mm  3900×1695×1525mm
室内長×室内幅×室内高  2015×1395×1175mm  1825×1415×1290mm
 ホイールベース  2550mm  2500mm
 車両重量  1080kg  1130kg
 エンジン  直列4気筒DOHC  直列4気筒SOHC
 排気量  1496cc  1339cc
 最高出力  74ps/4800rpm  88ps/5800rpm
 最大トルク  11.3kgm/4000rpm  12.3kgm/4500rpm
 モーター出力  61ps  14ps
 モータートルク  17.2kgm  8.0kgm
 10・.15燃費  37km/L  30km/L
 JC08モード燃費  35.4km/L  26.0km/L
 燃料タンク容量  36L  40L
 最小回転半径  4.8m  4.9m

 
【アクア価格とグレード】

 

トヨタアクア価格とグレード

トヨタアクア価格とグレード
2012年2月1日現在

 

 

グレード販売比率は 中間グレードのSが人気で約60%強 Gグレードが40%弱 Lグレードがわずか数% のようです。(あるディーラーの予約状況より)

 

・Lグレード 169万円 (商用車向  コスト低減策を随所に施し、法人向けとして、差別化 オプション設定が制限される)
・Sグレード 179万円 (乗用車向  カジュアル志向  内装色テーマがグリーン系とブルー系がある)
・Gグレード 185万円 (乗用車向  落ち着いた配色) 

 

アクア標準装備&アクア主なオプション装備


【アクア標準装備】

Lグレード(全車共通内容含む) Sグレード (Lグレードに追加内容) Gグレード (Sグレードに追加内容)

・165/70R14タイヤ+樹脂フルキャップ

・電動格納式リモコンカラードドアミラー

・全面UVカットガラス

・VSC&TRC[横滑り防止装置]

・回生協調ブレーキシステム

・フロントパワーウインドゥ

・ヒルスタートアシストコントロール

・車両接近警報装置

・チルトステアリング

・モードスイッチ[エコモード/EVモード]

・ワイヤレスドアロックリモートコントロール

・マルチインフォメーションディスプレイ

・アクセサリーコネクター[DC12V]


・175/65R15タイヤ+樹脂フルキャップ

・高遮音性ウインドシールドガラス

・UVカット機能付プライバシーガラス

・時間調整式フロント間欠ワイパー

・ウォッシャー連動間欠リヤワイパー

・チルト&テレスコピックステアリング

・フロント&リヤパワーウインドゥ

・運転席シート上下アジャスター

・ヘッドレスト分離型フロントシート

・室内メッキパーツ

・インテリアアクセントカラー

・フード+ダッシュサイレンサー[遮音材]

・4スピーカー


・本革巻ステアリング

・スエード調ファブリックシート表皮

・合皮巻インパネ助手席オーナメント

・アームレスト付センターコンソールボックス


アクア主なオプション装備
アクアオプションパッケージ
 ( S・Gのみ追加可能 )

 

スマートエントリーパッケージ 53,500円 (初期製造は100%装着となる)
      ・スマートエントリー&スタートシステム ・イモビライザー ・コンライト
LEDヘッドランプパッケージ  115,500円 (高価格なため、人気は薄い)
      ・LEDヘッドランプ[ヘッドランプクリーナー付] ・フロントフォグランプ
アドバンストディスプレイパッケージ 42,000円 (人気の高い装備です。詳細は下図にあり)
       ・TFTマルチインフォメーションディスプレイ ・タッチトレーサーディスプレイ ・ステアリングスイッチ
ビューティパッケージ 43,050円(このパッケージ自体は人気は薄いが、別注文(寒冷地等)にてシートヒーターの人気は高い)
       ・ナノイー ・スーパーUVカットガラス[フロントドア] ・フロントシートヒーター ・助手席バニティミラー付サンバイザー
ツーリングパッケージ 110,250円(高価格なため、人気は薄い)
       ・195/50R16タイヤ+アルミホイール ・大型リヤルーフスポイラー ・ヘッドランプスモークエクステンション ・専用サスペンション
ナビレディパッケージ 42,000円(メーカーナビを選択の場合は装着の率は高いが、機能性と割安感を求めて社外ナビの方が多く、選択から外す場合もあり)
       ・バックガイドモニター ・6スピーカー ・ステアリングスイッチ
オーディオパッケージ 46,200円(ナビの場合は選択外となる)
       ・CD/AM/FM/AUX[6スピーカー] ・ステアリングスイッチ

 

組合わせ価格(G.Sグレード)

 

アドバンストディスプレイ+ナビレディの場合   74,550 円
アドバンストディスプレイ+オーディオの場合  78,750 円
ビューティ+シートヒータ&排気熱回収器   48,300 円
シートヒータ-&排気熱回収器+寒冷地仕様  26,250 円 (モーターでスタートするため、冬場はエンジン熱による暖房がやや遅く、人気が高い)

 

 

 

アクアオプションその他の価格
スペアタイヤ G・S 10,500円  最近は、積まない方が多い(パンク修理剤が主流のようです)
シートヒータ-&排気熱回収器 G・S 21,000円  詳細は下図にあり
寒冷地仕様 G・S 10,500円/L 25,200円
175/65R15 5Jアルミ G・S 47,250円
SRSサイド&カーテンシールドエアバック G・S 42,000円
フロアマット 21,000円 (デラックス)  
フロアマット 15,750円 (ベーシック) デラックスよりこちらが人気
サイドバイザー 12,600円
トノカバー(荷室のカバー) 15,750円
コンソールボックス 18,950円

 

 


スポンサードリンク



トヨタエコカー アクアエントリー一覧

トヨタアクアモデリスタバージョン
トヨタのモデリスタを御存じでしょうか?エコカー、環境車、ハイブリット車などの車体が主流の現在でも他人と違う差別性や個性を同じ車で表現するときに、やはり純正パーツが一番いいと思いませんか?トヨタは現在も街中にはプリウスがが溢れ、そして今新しいハイブリットのアクアという車が街中を数多く走ることでしょう。走行しているプリウスを見ると思いのほかドレスアップの車が少ないという現実。アルミホイールや純正のエアロやグリルなど交換することで他人と違う自分だけの車が手に入ります。その中でトヨタのドレスアップパーツ...

FX情報サイトの入り口